本文へ移動
私たち岩下組は、
左官工事(塗り壁・コンクリート床仕上げ)
のプロッフェッショナルです。
左官職人募集中!
床や壁に素材を塗って、建物を美しく仕上げる仕事です。

お知らせと近況報告

40年前の仕事。
2021-04-10
先日、お寺の補修工事がありました。

その現場は今から40年以上前、現会長が現役でバリバリ働いていた頃に施工した物件です。

本堂の入口廻りはすべて「人造研ぎ出し工法」で仕上げてあります。
人造研ぎ出しとは、砕石や天然石とセメントや顔料を混ぜ合わせた材料を塗り付け、硬化のタイミングを見て砥石やグラインダー等で研ぎ出す工法です。
半硬化の状態で水で洗い出すのが「洗い出し」で、途中までの工程はほぼ一緒です。

柱基礎部分の礎盤(そばん)やその下の礎石(そせき)、雨どいから落ちてくる水を溜める天水桶(てんすいおけ)階段廻り全般に至るまで全てです。
(名称が違っていたらすいません。)

しかも、40年前に施工したとは思えないほど綺麗な状態でびっくりしました。
もちろんひび割れや、欠け等はありますがそれすら味があって貫禄があります。
時の流れしか成しえない技ですね。


今回の補修依頼は階段袖立上り部分の浮の補修と各所爆裂部の補修、一部屋根がなくて長年雨に打たれ部分がはがれ欠けていたのでそこの補修です。
せっかく綺麗な状態なので、危険個所や必要最低限の「修繕」で対応させていただくことにしました。


今回、工事の陣頭指揮は会長。


しかも、補修したのは会長の一番弟子と二番弟子さんです。

二番弟子さんは今も岩下組に在籍していますが、(在籍52年)一番弟子さんは今、住宅の外構工事をしています。
なので今では中々見れないコンビで、貴重な光景です。
私も若いころは良くお世話になっていましたが、最近は会長含めお二方が揃う事がほとんどなかったのでホントに良い経験でした。

又、幾つになっても昔の師弟関係は変わっておらず、「おやじ、おやじ」と会長を呼んでいましたし、言いたい放題言われても「おやじが言いようけん仕方ない」と言って淡々と作業していていました。

80歳の会長が70歳の職人さんを怒っていましたが、もう二度と見ることは無いでしょうね。(笑)
偉大な輩方もやっぱり親方には逆らえません。


補修工事自体は少しでしたが、当時の資料などもちろん残っておらず、材料の配合、色合わせ、補修方法等三人で話していたみたいでした。
やっぱり経験に勝るものはあらず、最善の補修方法を導き出していました。

薄塗補修がメインの昨今、当時と同じ施工しようとしたら、恐らく工期は倍以上、予算は三倍以上かかると思われ、仕上げの質も当時以上は絶対出来ないと思います。


工事は三日間でしたが、その数十倍も貴重な体験をさせていただきました。
まだまだ綺麗な状態なので、いつまでもこのまま残して頂けると嬉しいですね。

    岩下 勉










株式会社岩下組
〒814-0165
福岡県福岡市早良区次郎丸2丁目12番6号
TEL.092-874-2977
FAX.092-874-2978
左官工事
 
TOPへ戻る