本文へ移動
夏季休暇の案内。
2020-08-03
久々の更新になってしまいました。
月に2.3回は更新しようと思っていますが、ネタ切れやいいネタがあっても写真撮り忘れがあったりで更新できませんでした。
 
 
まずは今回の豪雨災害で亡くなられた方のご冥福と被災された方々のお見舞い一日も早い復興と復旧を心よりお祈り申し上げます
 
 
8/13日~8/16日まで夏季休暇とさせていただきます。
 
 
しかし今年の梅雨は長かったですね。
豪雨に長雨。
 
幸い例年に比べ仕事が落ち着いていますので雨の影響はさほどありませんでしたが、雨続きの日々の中、急に翌日からの天気になると予報が出た日はさすがに段取りが大変ですね。
 
盆前の生コン打設の段取りも例年パニック状態ですが、今年は問題なしです。(問題なしもいけませんが…)
 
しかも梅雨が長かったせいか、梅雨明け以そこまで暑くないような気がするので、外仕事の我々は非常に助かります。
 
しかし梅雨が長かったとはいえ暑さも今からが本番。
 
適切な人員配置と作業計画、水分塩分補給、こまめな休憩を十分に取り一年で一番暑いこの時期を乗り切りたいと思います。
 
           岩下 勉 
 
 
コンクリート押え 問題色々。
2020-06-24
梅雨に入りましたが暑い日が続きますね。
 
 
先日も各現場でコンクリート押えがありました。
 
県営住宅のシンダーコンクリート押え・市営住宅の屋上防水下地押え・老人ホームの2階床コンクリート押え等々。
 
どの現場も土間屋さんにお願いしていますが、複数重なった現場や天候が良く熱くなる予報が出た時は予定人員では足りない時があります。
 
当然その時は岩下組からも手伝いしますし、仲間内の左官屋さんにも手伝って頂いています。
 
 
今時期は雨で仕上げが出来なかったり、梅雨が明けると地獄のような暑さの中でしかもほとんどが屋上作業。
冬場は凍えるような寒さの中での深夜作業、本当に作業されている職人さんには感謝しかありません。
 
 
本当にコンクリート押えは大変な作業です。
 
 
私も若いときは現場で作業していたのでコンクリート押えの経験は沢山あります。
冬場、明け方まで作業し終了後家に帰り風呂に入って仮眠をとりすぐ現場作業。
夏場は滝のように出る汗と強烈な暑さと格闘しながら一日4~5Lは水分補給します。
ひどいときには一日で2kg体重が減っている事もありました。
 
月に数日ならまだしも、土間屋専門屋さんは毎日。
 
 
今、全国的に土間専門屋さんが不足しているそうです。

これだけ大変な作業、しかも働き方改革の動きもあり職人さんもそうですが、事業所も段取りや雇用形態をどうすればいいかなど問題山積です。
 
当社で今施工中の現場全て生コン作業するのは不可能です。
 
すべての現場で生コン作業を当社でするなら今の半分も出来ないと思います。
 
 
他人事では無いこの問題。
すぐに解決できる問題ではないですが、対策は急務です。
 
 
      岩下 勉
 
 
 
 
 
 
 
マンション床コンクリート押え。
2020-06-16
九州北部地方も梅雨に入りましたが暑い日が続きますね。
 
コロナ禍の影響で打合せや会議が無くなっていましたが、少しずつ再開しています。
これから上手に付き合っていくしかありませんね。
 
 
話変わって先日マンション建設現場のコンクリート押えがありました。
 
土間屋さんにお願いしていたのですが、打設予定日が大雨予報。
 
当然、大雨の中で生コン打設は出来ないので順延になりますが、その後の調整が大変。
 
生コン打設は数業種による共同作業、一日ずれると担当業種すべてに調整が必要になります。
 
各業者の日程がうまく合えばいいのですが、基本生コン専門業者は毎日が生コン作業。
 
翌日、翌々日に変更になると元から予定が入っている工事が優先になるのは当然のことで、なおかつ今は梅雨時期。
天気を鑑みての判断となりますので元請けの所員さんは大変だと思います。
 
しかし基本的には生コンが手配出来る日の変更になるので、我々左官業者はそれに従い段取りをするわけです。
 
もちろん10名以上の人員が必要な生コン打設が日程変更になった場合、代替日をこちらからいくつか提案し了承して頂く交渉をします。
段取りが出来る日と出来ない日が当然あるわけで。
ここら辺も長年のお付き合い経験と勘が非常に大事ですね。
 
 
前振りが長くなりましたが、そういった流れでマンション建設現場の生コン打設日が変更になり土間屋さんで対応出来なかった為、自社で施工する事に。
 
14階建賃貸マンションの8階床部分。
室内は金鏝1回押え・廊下、バルコニーはシート下地の直押え
天候は晴れで最高気温30度オーバー予報。
 
多少人員に余裕があった方がいいと思い若手職長に応援を打診すると、ちょうどその日に健康診断に行く予定だったので時間を早めてもらい診断終了後に現場へ行ってもらう事に。
 
それプラスいつもお世話になっている仲間の左官さんから応援してもらい無事人員の段取りが出来ました。
 
 
感謝感謝。
 
 
今までも、これからもこの問題は出てきて悩み尽きることは無いでしょうが、出来うる限るの予測を立て早め早めの対応が大事ですね。
 
 
さて、今から来週に変更となったシンダーコンの段取りです。(笑)
 
           岩下 勉
 
 
グラナダ。
2020-06-08
先日、グラナダを施工しました。
 
この材料は住まいを支える役割と環境への思いやりを追求した塗り材で、環境と自然に溶け込む住まいの表情を提供し、多彩な意匠・安心できる耐久性・確かな品質・豊かで個性的な住環境を演出します。
 
 
グラナダにも数種類あって、今回使用したのは柔軟性に優れた「グラナダ弾性」。
 
 
施工依頼はもちろん住宅左官でお世話になっている工務店さんです。
いつも色々な仕上げ材を施工させて頂きありがとうございます。(設計事務所さん絡みですかね)
 
 
今回は木造住宅のリフォーム工事に伴う外壁グラナダ塗り替え。
 
初めての施工だったのでカタログと施工要領所を手配し、現地へ打ち合わせに行きました。
 
現地で施工範囲、下地の状態、施工時期を打合せしたのちカタログで色を確認。
 
元々グラナダを塗っていて、色がグレー。
同じ色を選びますが、カタログで見比べてみると近い色が二種類ありました。
 
施工後十年以上経っていたので色が褪せていたり、汚れていたりで判断に迷う所でした。
 
工務店の監督さんと私と二人で協議した結果、二人とも同じ色で一致。
その日のうちに材料を手配しました。
 
 
そして施工当日。
前日までに養生、プライマー処理まで完了していたので、午前中下塗り、午後から仕上げ塗りの予定で作業開始しました。
 
 
材料は一斗缶に入っているのですが、開けた瞬間明らかに既存壁より色が白い。
 
一応下塗りをし見て比べましたがやはり色が全然違う。
 
仕上げの際はグラナダ主材に寒水石を混ぜるので多少は色濃くなるのかとも思いましたが、監督さんと協議した結果もう一番手濃い色に変更することになりました。
 
 
反省。
 
 
やっぱり色決めは慎重にしないとだめですね。
可能な限りサンプルを取り寄せ、大きな見本塗りをしないとカタログの三センチ程度の色サンプルじゃ分かりません。
 
 
再度材料を注文し、下塗りから再施工。
仕上げパターンは『コスミック」
 
塗り付け完了後スタイロフォームで横に引きずり、軽く鏝で押えて仕上げます。
 
この手の材料はすぐに膜を張ってしまうので、少ない面積でも二人一組か三人一組での作業になります。
 
経験者ならわかると思うますが、塗り付け後少し時間が経ってから触ると、材料が剥がれてきたり、塗り継ぎが分ったりするので非常に注意が必要ですし、直射日光は厳禁ですね。
 
 
十分な人員配置のおかげか仕上げは無事に完了して一安心。
 
 
 
 
と思いきや、翌日現場監督さんから連絡がありオーナーさんが「今回新たに施工した面と既存面(元々の面)の色が違うから古い面も全部塗り替えてほしいと。」
 
もちろん色はこの色以外はありませんし、新築当時と同じ色で塗っても経年劣化しているので同じにはなりません。
 
オーナー様ももちろん分かっているのですが、部分的に外壁がきれいになれば全部きれいにしたいと思いますし、ましてや色が違えば猶の事。
我々としてはありがたい話ですが。
 
 
またまた材料を手配し、残りの外壁もきれいに塗り替え工事完了。
 
 
後で聞きましたが、新築当時の材料は特注色だったみたいです。笑
 
 
今回も色々勉強になりました。
(オーナー様工事中飲み物や差し入れありがとうございました。)
            岩下 勉
 
 
 
 
勾配屋根。
2020-05-29
先日勾配屋根コンクリート押えがありました。
 
この現場は病院移転に伴う平屋の新築工事ですが、入り口が一か所しかなく横長なグラウンドだった敷地めいいっぱいに建つため一度に全部は施工出来ません。
 
3か所に工区分けし工区ごとに躯体を打ち分けています。
 
最初に地下のコンクリート押えに行ったのは昨年の10月。
来月末にやっと打ち上がります。
 
 
しかも屋上は勾配屋根。
 
 
屋上は水が溜まらないように勾配をつけますが、勾配屋根は木造住宅の屋根のように急角度がついています。
斜め部分に流したコンクリートをきれいに均し、乾き具合を見て機械ごて使い地を整えたのち金鏝で仕上げていく大変な作業です。
 
本来は「棟」と呼ばれる屋根の面と面が交わるところがあるだけですが、この建物は「谷」部分となる異なる流れがぶつかるところがあるので厄介です。(説明下手でごめんなさい。)
 
どう仕上げを収めるか悩んでいた所、谷部分の面が交わるところにアングルを入れて頂いたので非常に助かりました。
当たり代わりにもなるし、通りもきれいになります。
 
 
1工区の屋根勾配を打設したのは今から約一か月前ですが、打設途中にまさかの雨。
 
 
私は所用があり打設日に現場へ行けませんでしたので最終確認は当日出来ませんでした。
 
後日、恐る恐る現地を見に行きましたが、表面は雨にたたかれてい居たものの、下地はきれいに出来ていました。
お願いした土間屋さんには感謝です。
 
 
この現場は仲間内の左官屋さんから以来の仕事なので下手は出来ません。
うちが二次下請けになるので何かあると一次さんにも迷惑かけることなります。
もちろん自社の物件もですが、猶のこと最新の注意が必要です。
 
 
昨日の2工区の勾配屋根は天気にも恵まれきれいに仕上がりました。
 
 
昔は私も勾配屋根押えでは機械ごてを回したりしていましたが、20年も前の話。
高齢化の進んだ今の岩下組ではちょっと厳しいかな。(笑)
 
 
ホントに土間屋さんには毎回お世話になりありがとうございます。
 
   岩下 勉
浴室タイル張替え。
2020-05-25
久しぶりの更新です。
 
最近暖かくを通り越して熱くなりましたね。
 
外仕事の我々は今時期が一番仕事がしやすいです。
もうすぐ梅雨入りするでしょうからほんとに一年間で丁度いい時期は短いですね。
しかし、東北や北海道は一年の半分以上は雪や寒さで大変でしょうから贅沢言っては怒られますね。
 
 
話は変わって、先日賃貸アパートの浴室タイル張替えに行ってきました。
 
以前もここで書きましたが、築40年程経ったアパートで浴室は在来工法で仕上げてあります。
 
今のアパートや賃貸マンションはほとんどユニットバスなので工場で加工したパネルを現場で組み合わせ浴槽をつければ完成ですが、昔は浴槽の据付やエプロンのブロック積みタイル貼り等すべて一部屋ずつ作業していました。
今では個人住宅や老健施設などではたまにあるくらいです。
 
 
お世話になっている不動産管理会社さんから連絡を頂き現地を確認。
いつもは足元のタイル数枚を張り替える程度ですが、今回は壁の真ん中あたりが浮いて剥がれかけていました。
 
おそらくひび割れた箇所から水が廻り水道管から錆が出て浮いてきたと思われます。
 
タイルや下地モルタルの浮いている部分を撤去し、錆止め処理をしてポリマーセメントモルタルで下地を作ります。
乾燥後タイル貼り、目地詰めで無事貼り替え完了。
 
 
今回浮いている部分のモルタルを撤去して分かりましたが、元はだんご張りで施工してありました。
 
だんご張りとは壁面をモルタルで下塗りし櫛目を入れて接着モルタルを食いつきやすくし糸を張りブロック積みの要領で一段ずつタイルを張り上げ(積み上げ)ていく工法です。
 
今の工法は、タイル仕上げからタイルの厚みを引いた寸法で下地を作り、その上にタイルセメント等を塗ってタイルを張るのが一般的ですが、だんご張りはタイル下地作りを行わずにモルタルで直接タイルを張ります。
 
下地が出来ているのに貼るのと出来ていない物に貼るのは技術的にも違いは歴然。
 
昔の職人さんはやっぱりすごいですね。
 
今でも出来る方はいると思いますが、皆さん熟練した大先輩方々です。
 
 
こうやって古い建物の改修工事をさせていただくと、とても勉強勉強になります。
 
    岩下 勉
 
 
 
 
 
 
 
竣工。
2020-05-02
早いもので5月ですね。
 
本来ですと明日からゴールデンウィーク休暇でウキウキの所ですが、今年はどこへも行けませんね。
これを機会に事務所の掃除や整理をしようと思います。
 
 
4月5月と色んな現場が竣工を迎えております。
 
ありがたい事に昨年後半から年度末まで沢山の工事をさせていただきました。
当然自社だけですべての現場は対応出来ないので、ほんとにいろいろな方々に協力を頂き無事に工事を完了させて頂いております。
感謝 感謝。
 
 
おかげさまで今でも仕事は順調にありますが、半年後、一年後、二年後と今までのように現場があるとは限りません。
 
 
必ず「コロナ」の影響は出てくると思います。
 
 
ここ数年は景気は間違いなく良かったです。
 
なのでいづれ落ちてくることも想定していましたが、こういった形になるとは思いもしませんでした。
 
昨年から働き方改革が随分とうたわれていました。
「コロナ」の影響もあって今年はもっと加速すると思います。
時代が変わりそうな勢いです。
 
 
考えゆるすべてのことを想定し、全従業員の生活を守るため最善を尽くすのが私の務めだと思います。
 
 
どんな変化にも対応出来るように今から準備しておきたいと思います。
 
      岩下 勉
 
 
 
 
 
移動。
2020-04-30
昨日、材料と道具の移動をしました。
 
以前ここで書きましたが、昨年倉庫兼駐車場用地を取得して駐車場と一部倉庫は使用していましたが、肝心の材料や道具関係は自宅兼事務所の一角の倉庫に置いたままでした。
 
もっと早く移動する予定でしたが、なかなか仕事が忙しく出来ない状態でした。
 
自分一人で移動させることも考えましたが、大変そうだったので止めました。(笑)
 
 
ちょうど昨日は「昭和の日」で祝日。
 
 
コロナ影響もありどの現場も休みでした。
 
そこで若い職人さん数名に協力してもらい一日で移動してしまう事に。
 
2tトラックとダブルキャブ2台でピストン輸送。
2往復ぐらいで済むかと思いきや結局4往復する事に。
狭い倉庫にどんだけ入ってたのかと思うとびっくりです。
 
新しい倉庫は軽量鉄骨のコンテナなので、セメントや砂など重量物を載せると床がへこだり、傾いたり、下手したら抜けてしまうとしまうといけないので事前に補強していました。
 
旧倉庫から荷物を積み込み、新倉庫へ移動配置を繰り返し、最後に旧倉庫の棚板等の撤去を経て移動完了。
 
 
やっぱり若い力はすごいですね。
わが従業員ながら惚れ惚れします。
 
 
正直一日では無理かなと思っていましたが、みんなの頑張りで材料異動から片付け、掃除、トラックの整備まで出来ました。
 
これから使いやすいように少しづづ整備していきたいと思います。
 
        岩下 勉
 
 
 
モールテックス練習。
2020-04-13
先日、モールテックス塗りの練習をしました。
 
一昨年、住宅の外壁に施工させて頂きました。
以来数度見積り依頼が来ましたが、施工までには至っていません。
 
しかし今後も施工機会が必ずあると思いますので、趣味と実益を兼ねて水槽台を施工する事に。
 
会社事務所には以前から水槽を置いていました。
 
6年程使用し痛みが出てきていたので、新調することに。
 
折角なので既製品の物ではなく、土台だけべニア板で作ってもらい表面の仕上げだけモールテックスを塗ることにしました。
 
以前事務所のカウンターをモールテックスで仕上げましたが、施工方法が多少間違っていてので、今回は再確認も含めての施工です。
 
まずは専用プライマーを塗布。
完全乾燥後、モールテックス一層目塗り
翌日二層目塗り、半乾き後にもう一度塗り付け押えて仕上げます。(フレスコ塗り)
 
下地がべニア板(コンパネ)だったのでアクが出ると思いアク止め材を塗ることも考えましたが、講習会で「一層目でアクが出ても二層目三層目まで塗るので、基本アクが表面まで出ることはありません」と聞いていたので塗りませんでした。
(プライマーを多めに塗ったせいか、一層目塗った後でもアクは出ていませんでした。)
 
しかし、やっぱりこの材料はパターン付けが難しい。
 
乾き具合を見て押えますが、押えれば押えるほどパターンが荒くなると思われ、加減が難しいです。
押えすぎるとなんか汚く見え、塗り放しであまり押えないと味気ない。
 
ある程度自由にパターン付け出来るようになるには、まだまだ練習が必要ですね。
 
最後にペーパーかけしますが、ペーパーのかけ方でもパターンが変わってきます。
 
又、今回扉の裏表も塗ったので、小口の納め方も難しかったです。
扉部分は衝撃があるところなので、全面メッシュを伏せこみました。(講習会で勧められて)
 
最後の汚れ防止剤も初めて使う二液性の物にしました。
 
 
これから使用しながら年月と共にどう変化していくか観察していきたいと思います。
 
    岩下 勉
 
コロナウイルス。
2020-04-09
またまた久々の更新です。
 
連日コロナウイルス関連の報道が凄いですね。
 
オリンピック延期が決まった後から急激に感染者が増えてきました。
福岡でも連日感染者が増え続けています。
 
今のところ弊社の仕事には影響出ていませんが、首都圏では工事ストップになっている現場が出てきているみたいです。
 
もちろん福岡でも現場関係者に感染者が出ればすぐさまストップに。
元請け、施主様の判断で工事ストップになることも考えられます。
 
 
誰でも思っていると思いますが、まさかここまでひどい状態になるとは思いもしませんでした。
 
 
この状況は来年、再来年の仕事にまで影響が出てきそうです。
 
 
私は多くの人に接する立場にあります。
 
非常事態宣言中はなるべく電話応対で済ませ、現場打合せやパトロールは必要最低限で行いたいと思います。
 
こまめな手洗い、アルコール消毒、マスク着用、人込みを避ける
一番は【不要な外出を避ける】です。
 
現場の安全対策と同じでやり過ぎはないと思います。
 
 
 
見えない敵程恐ろしいものはありませんね。
 
    岩下 勉
 
 
 
 
 
株式会社岩下組
〒814-0165
福岡県福岡市早良区次郎丸2丁目12番6号
TEL.092-874-2977
FAX.092-874-2978
左官工事
 
TOPへ戻る